PC-9801/98212007/02/13 15:10



会社の機械制御用のPC-9801/9821がFDDを中心にゆるやかにご臨終しています。と言うわけでジャンク屋で大量に確保してきてしまった。秋葉原に押さえに行かなきゃ、と思っていたところ、近所のHARD OFFに大量入荷。キーボード4個とマウス一個もつけて締めて15000円。どれもそれなりに動きました。もっともシステムディスクがなかったりするのですが。
FDDやCD-ROMが御昇天しやすいので、部品取りとして使用します。これだけ押さえられれば、当分はやって行けそうです。
なお、秋葉原価格ではこれのうち1台で2万円ぐらいします。最もメンテナンスなどが施されているので、直接比較してはいけないのでしょうが。壊れる箇所は主に電源のトランスと、基板のコンデンサなのでそれらをハンダで付け替えればそれなりに再生できるそうです。

それぞれの機種を開けて確認しましたが、たばこのヤニだらけのもの、後ろに「TVからのケーブル(モニターケーブルのこと?)」「プリンターからのケーブル」と書いてある紙が貼ってあったり、やたら芳香剤くさかったり、それぞれの履歴を想像させる特徴がありました。

 会社にPC-9801RAとPC-9821Asも確保済み。さて、これらも会社に持って行かなければ。

怒りのWMP2007/02/10 15:05



東芝のGigabeatを使用するようになって、Windows Media PlayerでMP3ファイルを管理するようになりましたが、勝手にファイルが削除されたりして大変。何で再生リストからタイトルを消しただけで実ファイルまで消えるかな?一応、そうならないように設定できるけど、デフォルトで削除は勘弁して欲しい。
現在、バックアップと比較しながら修正中。もうくじけそうです。

VH7PCその後ですが、スピーカー端子と基板の接続部分のハンダを付け治してやったらR側からも音が出るようになりました。スピーカーもジャンク屋を巡って純正のヤツを4000円で買ってきました。スピーカーケーブルもジャンク屋に転がっていた銅製のケーブルを2本600円で買ってきて接続。純正リモコンは見つからなかったのですが、ケンウッド製の他のMD付きコンポのリモコンを500円で購入して試したら、ほとんどの機能が使えました。
と言うわけで正味7500円でコンポ完成です。ヤフオクだと9000~15000円で取引されているので送料やら何やらを考えると結構お得だったかも。
でかいと嫌がる嫁さんを説得して使ってもらっていますが、電源を入れて5分ぐらいすると音が良くなっていくのが判ります。ふわっと音が広がる感じ。このコンポで栗コーダーカルテットの曲を聴くと音が生々しくて非常につややかです。後、AMラジオやFMラジオも良い感じの音をしています。
今後は暇なときにパワー周りの配線のバイパスを造ったり、チップコンデンサーを通常のコンデンサーに置き換えてチューニングしようかと思案中。
久しぶりにいい音を聞いたよ~♪やっぱり15000円のラジカセじゃダメだね。

VH7PC2007/02/07 14:40



ケンウッドがソーテックと共同で開発したUSB接続できるオーディオプレーヤーVH7PCをジャンクで見つけて即購入。家でいじったらちゃんと動きました(^^)。
アナログオーディオからの音声取り込み用として、PCからの音声を再生させることも出来ます。が、普通のCD&ラジオチューナーとして使用できます。自宅のオーディオ機器の中核として利用できるのではないかと甘い考えをしています。
ジャンクとして購入する際、R側の音が出ません、とか書いてありましたが、ヘッドホン端子からはちゃんと音が出ていたので、チップがダメになっているのではなくどこかの線がダメになっている可能性大。とりあえず、ばらすかな?

現在の問題はUSB接続のラジオチューナーが我が家に3台もあるということでしょうか?サーバーに接続してラジオを録音し放題・・・っておい!

ネットを巡回していたら
「フィギュアブームの終わりと、フィギュア生産者の憂鬱」
http://d.hatena.ne.jp/Maybe-na/20070205/1170682552
と言う記事を見つける。個人的に思うのだが、鉄道模型にしても、フィギュアにしても、多くの20代以下の世代がこういう物に反応していないので、終焉は着々とやってくる気がする。